地盤調査前に実施された「トレンチ」調査報告 21

a0352655_16333213.jpg
a0352655_16334397.jpg
1 ボーリングの土層断面想定図の上の方の実際の土層、この目でも確認できる縦じまの撓曲土層が20度~25度とゆるい傾斜で分布しておりと結論付けられている。
2 しかし当該文献のその上の行には「佛念寺山断層近傍の大阪層群では40~60度以上の急角度で西へけいしゃする。」と記述されている。

 本裁判では1を採用し杭などの設計は正しいとして進めめられたのであります。2 の項が掘削写真からも土層断面想定図からも正しかったと今でも思っています。もしご専門の方で、ご意見などいただければ非常にありがたい。

[PR]
by ttkkssmm | 2017-12-30 16:55 | 佛念寺山断層帯


<< 地盤調査前に実施された「トレン... 地盤調査前に実施された「トレン... >>