地盤調査前に実施された「トレンチ」調査報告 20

a0352655_09202141.jpg
a0352655_09202865.jpg
a0352655_09203590.jpg
調査概要の資料もここまでです。最終ページには「佛念寺山断層近辺の大阪層群は40~60度以上の高角度で西に傾斜する。また、いずれの文献においても、佛念寺山断層が地表まで達している様子は確認されていないことが特筆される。」これが結論ですが現場での掘削写真ではこの通りの傾斜土層が確認されていることを特記しておきたい。最も掘削前の検討時の資料ですがこのペーパだけは正ししかった。即ち、裁判に提出された「乙第3号証 断層評価」の結論、敷地全体の大阪層群は一連の地層で構成され大きな断層は存在しないと結論付けるに至った。また後述するオールコアボーリング資料分析の結果、1調査深度全体にわたって地層の連続性はよい。2地層の傾斜としては10~20°程度と推定される。次回はこれらの結論に対し、現場の掘削写真、地盤調査での土層断面想定図を示し、ご覧いただいている方々のご判断をお願いしたい。
[PR]
by ttkkssmm | 2017-12-10 20:33 | 佛念寺山断層帯


<< 地盤調査前に実施された「トレ... 地盤調査前に実施された「トレン... >>