<   2016年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「活断層の真上にマンションは危険」 記事の顛末 110 この目で見た佛念寺山断層? 当該東泉丘敷地18

a0352655_08385169.jpg
a0352655_08390668.jpg
a0352655_08391356.jpg
2012年1月初めの状況。この縦縞はボーリングNO3の位置とほぼ同じ、この事は土層断面想定図でNO3より左(西)へ撓曲土層が続いていることを示している証拠ということが出来る。即ち、NO1~NO3間の土層断面図が誤っていることになる。詳しくは次回。


[PR]
by ttkkssmm | 2016-08-09 08:48 | Comments(0)

「活断層の真上にマンションは危険」 記事の顛末 109 この目で見た佛念寺山断層? 当該東泉丘敷地17

a0352655_08263975.jpg
a0352655_08123791.jpg
a0352655_08120900.jpg
2011年末から2012年始めにかけて擁壁部の掘削が始まった。上段の写真は2011年4月頃の西棟の掘削状況ですが掘削底面に南北に走る撓曲土層が出現していた。擁壁の掘削でも同じ位置に撓曲土層の粘性土の土層が現れた、当然といえば当然ではありますが設計当初の地盤調査結果(特に土層断面想定図)の信頼性に疑問を残すことになった。

[PR]
by ttkkssmm | 2016-08-07 08:40 | Comments(0)

「活断層の真上にマンションは危険」 記事の顛末 108 この目で見た佛念寺山断層? 当該東泉丘敷地16

a0352655_08555759.jpg
a0352655_08564148.jpg
2011年9月末。関係者?の皆さんが調査?された部分っを別角度から。

[PR]
by ttkkssmm | 2016-08-05 09:15 | Comments(0)

「活断層の真上にマンションは危険」 記事の顛末 107 この目で見た佛念寺山断層? 当該東泉丘敷地15

a0352655_08061303.jpg
a0352655_08055092.jpg
a0352655_08060730.jpg
2011年9月21日、多くの背広姿の方々が撓曲土層の視察に見えた。私のようなど素人が見ても急傾斜の土層の角度と土層の厚み、流れの方向などが確認できる。さて、どこのどなたかもわからないが少なくともご土層、断層などの専門の方々?裁判所の関係者?であることは間違いないのではないでしょうか。・・・某コンサルの「土層は10~20度の傾斜」の結論は明らかに破綻してるが裁判所はその結論を追認したがその責任は重い。

[PR]
by ttkkssmm | 2016-08-04 08:19 | Comments(0)

「活断層の真上にマンションは危険」 記事の顛末 106 この目で見た佛念寺山断層? 当該東泉丘敷地14

a0352655_08292076.jpg
a0352655_08292825.jpg
a0352655_08293782.jpg
2011年9月始め、西棟(当時)の掘削が開始されました。掘削部の底部の土層の縞模様を特とご覧頂きたい。一瞬の切り取り写真でもありました。

[PR]
by ttkkssmm | 2016-08-03 08:35 | Comments(0)

「活断層の真上にマンションは危険」 記事の顛末 105 この目で見た佛念寺山断層? 当該東泉丘敷地13

a0352655_07412120.jpg
a0352655_07412593.jpg
2011年8月下旬、東棟(当時)の場所打ち杭の施工が始まった。これは東側隣接マンションとの境界の小山の買収に失敗し境界条件が確定し、敷地内道路計画(完成後市へ移管?)が確定したためと思われる。

[PR]
by ttkkssmm | 2016-08-02 07:49 | Comments(0)

「活断層の真上にマンションは危険」 記事の顛末 104 この目で見た佛念寺山断層? 当該東泉丘敷地12

a0352655_08271555.jpg
a0352655_08273508.jpg
a0352655_08272098.jpg
金太郎飴と同じで掘っても掘っても縦縞土層、急勾配の撓曲土層は地学上での重要な現物証拠だ。

[PR]
by ttkkssmm | 2016-08-01 08:32 | Comments(0)