「活断層の真上にマンションは危険」 擁壁裁判 大阪高裁判決文 完 12

a0352655_16320812.jpg
a0352655_16321334.jpg
a0352655_16321953.jpg
a0352655_16322362.jpg
擁壁に関しての判決文のすべてで最大の争点は「N値が同じなら粘性土を砂質土とみなして設計することができる」でした。告示1113号には、砂質土と粘性土それぞれに対しての許容設計支持力度を算出することを示しているが今回の大阪高裁はT市の言い分に沿ったものになっていた。森友学園の問題と同じ構図かな。次回から、「建築確認処分取消請求事件」の大阪地裁および大阪高裁の判決文を記録として残すことを目的に原文通り紹介したい。

[PR]
by ttkkssmm | 2017-04-11 16:44 | Comments(0)


<< 「活断層の真上にマンションは危... 「活断層の真上にマンションは危... >>