「活断層の真上にマンションは危険」 記事の顛末 109 この目で見た佛念寺山断層? 当該東泉丘敷地17

a0352655_08263975.jpg
a0352655_08123791.jpg
a0352655_08120900.jpg
2011年末から2012年始めにかけて擁壁部の掘削が始まった。上段の写真は2011年4月頃の西棟の掘削状況ですが掘削底面に南北に走る撓曲土層が出現していた。擁壁の掘削でも同じ位置に撓曲土層の粘性土の土層が現れた、当然といえば当然ではありますが設計当初の地盤調査結果(特に土層断面想定図)の信頼性に疑問を残すことになった。

[PR]
by ttkkssmm | 2016-08-07 08:40 | Comments(0)


<< 「活断層の真上にマンションは危... 「活断層の真上にマンションは危... >>