「活断層の真上にマンションは危険」 記事の顛末 20 上告受...

a0352655_11221464.jpg
適判(NK社)からの質問への回答で構造設計者の回答書です。「土層が急傾斜の土層かつ近くのボーリングデータでなぜ設計しないのか」この訴えへの迷・珍回答の最たるものと思いますが如何でしょうか。
a0352655_11221819.jpg
要は急傾斜の互層(砂質土と粘性土)土層であっても、同一敷地内であれば「一本のボーリングでOKであれば隣のボーリングで設計してもOKである。」 このことが示していることは、同一敷地内であれば一本のボーリングデータで設計した杭の支持力をすべての杭に適用できることを示している。敷地内にボーリングは一本でよろしいと言っていることになります。

[PR]
by ttkkssmm | 2016-03-14 11:27 | Comments(0)


<< 「活断層の真上にマンションは危... 「活断層の真上にマンションは危... >>